« | トップページ | »

2014年4月30日 (水)

風のホール

午前中、都響の室内楽で三鷹市芸術文化センター、風のホールへ。
このホールは開館時から知っていて(96年だったと思う)、響きはあるけれど、音が硬くてちょっと難しいホールと思っていた。10年ぶりに訪れたホールは、よく響く弾きやすい場所だった。ホールも人間も変わったのだろうか。(写っているのはヴァイオリンの山本翔平君)

20140430mitaka1

午後は写真美術館で開かれている「101年目のロバート・キャパ」展へ。
http://syabi.com/contents/exhibition/index-2149.html
写真の素晴らしさは言うまでもなく、プリントも美しく、見事な展示だった。キャパの写真は人生の重さと、それに対する共感、温かさ、ユーモア、愛情にあふれている。5月11日まで、お時間のある方は是非。

夜、FMをつけたらピアノのシプリアン・カツァリスの演奏が流れている。
10年以上前、カツァリスが風のホールの室内オーケストラで、確かモーツァルトの協奏曲を弾いた時のこと。ゲネプロと本番の間に僕が舞台でさらっていたら、彼が現れて、舞台にあるピアノに向かった。チェロを弾くのを止めたら、「気にしないで、君も練習するし僕も練習するし」というようなことを言って、ふたを閉めたままピアノを弾きはじめたことを思い出した。

« | トップページ | »

映画・展覧会」カテゴリの記事

  • (2017.11.11)
  • (2017.10.26)
  • (2017.07.30)
  • (2017.05.03)
  • (2017.04.20)

音楽」カテゴリの記事