« | トップページ | 倍音の列に »

2014年4月 9日 (水)

「ダブリンの時計職人」

映画「ダブリンの時計職人」(原題Parked)へ。
http://uplink.co.jp/dublin/
青やグレーを基調とした画面の映画にすっかり入り込んでしまい、見終わって映画館の外、春の日射しがまぶしい街に出てもなかなか現実に戻れなかった。甘さはなく、いい映画だった。

001

映画の世界から現実に戻っていく時、雑誌「MONKEY Vol.2 SPRING 2014」に掲載されている村上春樹さんの小説「シェエラザード」の一節を思い出した。
http://www.switch-store.net/SHOP/MO0002.html

『・・・ どんな種類の話であれ、彼女が話すとそれは特別な物語になった。口調や、間の取り方や、話の進め方、すべてが完璧だった。彼女は聴き手に興味を抱かせ、意地悪くじらせ、考えさせ推測させ、そのあとで聴き手の求めるものを的確に与えた。その心憎いまでの技巧は、たとえ一時的であるにせよ、聴き手にまわりの現実を忘れさせてくれた。頭にこびりついているいやな記憶の断片を、あるいは思い出したくない心配事を、濡れた雑巾で黒版を拭うようにきれいに消し去ってくれた。・・・』

« | トップページ | 倍音の列に »

映画・展覧会」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

  • (2017.05.03)
  • (2017.03.27)
  • (2017.03.22)
  • (2017.03.18)
  • (2017.03.17)