« 演奏会の予定を | トップページ | 偶然 3 »

2014年5月24日 (土)

原美術館、小淵沢、ラーセン

雨の日、原美術館へ。「ニコラ・ビュフ:ポリフィーロの夢」展。
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html
入口が大きな狼の口にあることからして、いつもと違うし、実際中に入ると、現代美術というよりは何かのアトラクションという感じで楽しかった。

007

展示を見終わってから、カフェで昼を食べた。隣のテーブルには外国人の夫婦がいて、男性が東京の路線図を開き難しい顔をしているので声をかけた。
日本は2度目。東京、京都、小淵沢に、というので、(東京、京都はわかるとして)小淵沢で何を、と訪ねたらなんと、中村キースヘリング美術館で仕事を、とのことだった。屋外の迷路を手掛けたそうだ。僕は先月キースヘリング美術館に行ったばかり。
彼らはデンマークから。デンマークと言えば、僕がチェロを弾くことを説明したうえで、ヤーガーやラーセンの弦が日本でも一般的です、と伝えた。発音のせいか、ヤーガーは通じなかったけれど、ラーセンはわかってくれた。

005

女性は原美術館の前に「21」という美術館で「米」を見てきて、それが良かった、と教えてくれた。僕は21_21DESIGN SIGHTを知らなかったので、いったい何のことかさっぱりわからなかった。米?調べたら、確かに米だ。なるほど。
http://www.2121designsight.jp/program/kome/

その女性は、デンマークのボンホルム島を拠点に活躍するアーティスト、リーネ・ディゲットさんだった。美術館でのワークショップ、きっと楽しかっただろうなぁ。
http://118.82.80.197/news/2014/05/post-86.html

« 演奏会の予定を | トップページ | 偶然 3 »

映画・展覧会」カテゴリの記事