« 胸のすくような | トップページ | 今日も雨 »

2014年8月29日 (金)

世界の様相が一変して

先日アインシュタイン/インフェルト著「物理学はいかに創られたか」を読み終え、わかったようなわからないような僕は、ほんの少しでも相対性理論のことを理解したい、とジェームズ A・コールマン著「相対性理論の世界 はじめて学ぶ人のために」を読んでいる。今半分を過ぎたあたり。何だか大まかな感じはつかめるような気がするし、おもしろい。世界の様相が一変して見えるようだ。読み続けるのではなく、少し読んではぼんやりして、頭に入っていくのを待ちながら。
夜7時のニュースを見ると、毎日悲しい、いたましい、腹立たしい、理不尽な、そんなニュースばかりで、良い知らせは本当に少ない。ニュース番組を見るのをやめにしようかとも思う。でも、100年以上も前に一人の人間がこういうことを考えていた、というのは本当に驚くべきことだ。僕ももう少しがんばってみよう。

これ以上ドヴォルザークの協奏曲のCDは買わないつもりだった。それが少し前、タワーレコードの試聴コーナーにフルニエとチェリビダッケ指揮、というCDがあり、聴いたら予想通り素晴らしく、また1枚増えてしまった。悠然とスケールの大きなオーケストラと白熱したフルニエのチェロだ。ライヴ録音。フルニエのドヴォルザークは、クーベリック指揮ウィーンフィルとの1950年代の演奏も好きだ。ただ一つ残念なことは、途中で音質が急にこもること、違う条件で録ったテイクをつなげたのだろうか。
同じ1950年代には、若いロストロポーヴィチの録音もある。ターリヒ指揮のチェコ・フィルも素晴らしく、音楽の自然な流れから多くのヒントをもらえる。
そしてもちろんシャフランの録音を忘れてはならない。弓の毛がぴたりと弦に吸いつく魔術のような弓使いを、是非少しでも身につけたいと毎日さらっている。

033

昨日、最初のドヴォルザークの練習だった。虎の門交響楽団の人たちと2年ぶりに会い、そして久しぶりに弾くドヴォルザークはのびのびして楽しかった。昨日の目標はとにかく暗譜で弾くこと。今日少しさらったら、ちょっと自分が変わったようだった。本番まで時間があるから、練習の都度ゆっくり試行錯誤できるのはうれしい。

« 胸のすくような | トップページ | 今日も雨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

  • (2017.05.03)
  • (2017.03.27)
  • (2017.03.22)
  • (2017.03.18)
  • (2017.03.17)

音楽」カテゴリの記事