« 魔法のようだった | トップページ | 胸のすくような »

2014年8月17日 (日)

持たないこと

ソニーイメージングギャラリー銀座の「ウィリアム・クライン作品展 BROOKLYN + KLEIN」へ。
http://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/140808/
素晴らしかった。画面に写り込んでいる様々な事柄や事件は、全て意識して撮影したのか、あるいは偶然の要素なのか、それとも無意識か・・・。この人はいったいどうなっているのだろう、すごいなぁ。見終わって銀座の街に再び出ると、もう以前と同じには見えなかった。

それからコニカミノルタプラザで始まったマグナム・フォトグラファーズ写真展「MAGNUM FOOTBALL」へ。
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2014august/magnum_football/index.html
点数はさほど多くないけれど、いつものマグナムの人たちの感じとはちょっと違って、楽しかった。写真の魅力を満喫した。世界には素晴らしい写真家がたくさんいる。

先日観たのは映画「ジゴロ・イン・ニューヨーク」。
http://gigolo.gaga.ne.jp/index.html
大人の機微をお洒落に描いて見事。ウディ・アレンが、そのどもり具合も含めて、役柄に実によくはまり(他の人たちは皆シリアスな感じ)、話の進みを軽快なものにしていた。
この先もおもしろそうな映画が目白押しで、できるだけ多く観るにはどうしたらよいか思案中。

005

チェロの弓使いの話。僕の持っている中で一番個性的な弓をどうしたら使えるようになるか、試してはあきらめ、試してはあきらめ、してきた。癖はあっても、もしかしてそれをはるかに上回る魅力や能力があるかもしれない、ということだ。
今日気が付いたのは、とにかく弓を持たないこと。弦に対してはできるだけ直角を保ち、毛が弦に噛んでいる感覚をつかんだら(安定したレールの上に乗る感じ)、決して縦には押さず、ひたすら柔らかくねばっこく、弦と蜜月の関係になるように・・・。

« 魔法のようだった | トップページ | 胸のすくような »

映画・展覧会」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)