« パン粉 | トップページ | 松本 »

2015年8月27日 (木)

アメリカでも

午後から晴れた。青空が見られてうれしい。

パン粉の話しの続き。聞いたところ、アメリカでも「パンコ」で通用するそうです。
僕の怪しい英語聞き取り能力によれば(ゆっくり喋ってくれればどうにか、なのだけれど、さらさら話されるともう追いつかなくなる)、特に密度がなく軽いものをそう呼ぶらしい。うーん、知らないことがたくさんある。

今日は全体を大きくとらえるようなリハーサルだった。マーラーの第1楽章はトランペット、フルートの後、大太鼓が2小節あって、低弦の強いピチカートで終わる。そのピチカートを何度か繰り返して、いいのが決まった時、ファビオ・ルイージが
"But we have only one chance!"
と言い、また皆で笑った。

006_6_2

« パン粉 | トップページ | 松本 »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.08.21)
  • (2017.07.11)
  • (2017.06.17)
  • (2017.04.24)
  • (2017.03.21)