« | トップページ | »

2015年11月25日 (水)

11月22日 ウィーンへ。

エッセンの空港に向かう車窓から田園風景を見ていて、ブラームスとクララ・シューマンとの間で交わされた手紙を思い出した。ブラームスの間奏曲やピアノ四重奏を聴く。

20151120dusseldorf02

ウィーンの市街に着いたのは夕方。雰囲気のある街は、思ったより暗く、美しい。

20151122wien04

夜は、桐朋の同期だったウィーン在住の女性二人と、都響の中にいるやはり同期の三人とで会う。そして、一人の女性はウィーンのチェリストと結婚していて、その彼、シュテファンと僕は以前シエナの講習で一緒だった。人の縁は不思議なものだ。当夜の演奏会が終わってから来てくれたシュテファンが加わって、さらに楽しい時間になった。

シエナでは同じロッシ通りのアパートに住んでいたと思うのだけれど、彼はそのことは覚えておらず、二人でバスに乗って海水浴に行ったことや(行き帰りの車中でずっとチェロや音楽の話をしていた)、ブルネロのクラスでは恒例になりつつあった真夜中のカンポ広場での水かけっこ(僕らは water battle と呼んでいた)のことなどを話した。90年代後半、ブルネロも若かったし、いい時代だったのかもしれない。

それから現在の話になった。彼が在籍するのは誰もが知る名門オーケストラ、聞いた仕事内容は驚くほどタフだった。日本人とヨーロッパ人のメンタリティの違いにも話が及んで楽しかった。彼の地では、互いの気持ちを察したり慮ったりすることなんてなく、とにかく自分を主張しないと始まらないらしい。

ウィーン在住の女性二人は日本にいた時以上にバイタリティにあふれ、しなやかにたくましくなっていた。日本でもやしのようになっていた僕も頑張ろう。

20151122wien05

この旅行の期間中とても大人しくしていたのだけれど、今晩はあっという間に時が過ぎ、ホテルに戻ったのは真夜中。

20151123wien16

« | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事