« | トップページ | »

2016年2月26日 (金)

弦を伸ばす 5

特製弦伸ばし器で2週間ほどゆっくり伸ばしたヤーガーの1、2番線は、予想に違わず張った時からぱりっと明るく、反応が早い音の出方だった。張りたてのヤーガーの2番線はいつも鈍い感じがあり、それがだんだん開いていくのだけれど、伸ばしておいた弦にそういう含みの部分はなく、全てが白日のもとにさらされている感じだった。

次にスピロコアの3、4番線をやはり2週間ほど伸ばして張ってみたら、あのスピロコア特有の金属的な音がさらに多い感じで、数日我慢すれば良いことなのかもしれないけれど、耐えられず5分も弾かないうちにオイドクサに戻してしまった。僕は思っていたよりガットに馴染んでいるのかもしれない。

スピロコアに限らず、金属弦のしゃりしゃりとした倍音の成分が音の輪郭を形づくり、それが離れていてもぼやけない低音を生み出すのでは、と思っている。でも久しぶりに張ったスピロコアは、手元の変化に乏しく、なんだか楽しくなかった。弓毛と弦との接し方でつくる子音の種類が少ない気がするし(離れて聞くとまったく差は感じられない程度かもしれないけれど)、何よりピチカートの幸福度がまったく違うもの。

そして、ようやく新しいオイドクサを調達し、伸ばし始めた。
今までは気にしていなかったのだけれど、パッケージから出した新品の弦はまず、テンションをかけない状態でしばらく伸ばしてみることにしている。するとオイドクサの4番線は素直にまっすぐなのに、3番線は螺旋状にねじれる癖が強くついている。これはたまたまの個体差なのかもしれないけれど、いずれにしても弦は捻れの無い状態で張った方がいいだろうし、3番線の方が湿度の影響を受け易いのもこの違いからきているのかも、と思った。
今の目論見は、丁寧に伸ばしたオイドクサが驚くほど反応の早い"現代的な"ガット弦になること。ガットの新しい世界が見えたら、いいなぁ。

« | トップページ | »

楽器のこと」カテゴリの記事