« | トップページ | »

2016年4月13日 (水)

昨日の都響定期演奏会はストラヴィンスキープログラムで、指揮は引き続きロトさんだった。

彼の素晴らしいのはオーケストラに発散を求めるところだと思う。簡単に言うと、後先考えずはじけてしまえ、ということだ。
オーケストラは複雑な集合体で、様々な発音原理を持つ様々な楽器が、かなり広い空間で一緒に何かをしようとする。経験を積むにつれ、全体の中の自分の役割がどれ程のものなのか見えるようになり(それは往々にして小さく、時として大きい)、気ままに振る舞える場はあまりないことがわかってくる。そして緻密なアンテナを張るようになり、自分をコントロールするようになる。

けれど、聴く人にまっすぐ届くのは無垢な心から発せられた音楽だと思う。そこに若者の魅力があり、経験を積むことの難しさがある。
ロトさんはいつの間にか抑制と謙譲の美徳でぐるぐる巻きになっていた僕たちを解放してくれた。また来てほしい。

今日は休み、新宿御苑に出かけた。まだまだ桜がたくさん咲いていて、花吹雪も、多彩な色合いを見せる新緑も美しかった。いい季節になった。

« | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事

  • (2017.10.19)
  • (2017.10.04)
  • (2017.08.21)
  • (2017.08.25)
  • (2017.07.11)