« | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2016年12月31日 (土)

先月読み始めて、先頃ようやく上巻を読み終えたのが南方熊楠著「十二支考」。なかなか読み進まなかったのは数ページ読むだけで満腹するから。その度に熊楠さん、あなたはこのページを書くために一体何冊の本を読んだのですか、と聞きたくなる。信じられないくらいの情報量の中で時々絶妙な具合で脱線する。しかも、本文も脱線も実に楽しそうだ。
コンピュータなんてものが気配もなかった時代に、古今東西の話題を自在に行き来し、新しい面を見せ、統合する。大変な人がいたものだと思う。

新しい年が素晴らしい年でありますように。

Dsc_0423


« | トップページ | 明けましておめでとうございます »