« | トップページ | »

2017年7月30日 (日)

先日出かけたのは「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170708/index.html
興味深く見て、それから深澤さんの著作「デザインの輪郭」も読んだ。うまく言えないけれど、単に製品の外観を作るのではなく、何かのアイデアを目に見える形にして、使うことのできるものにすることなのかな、と思った。それまでなかった何かを世の中に現す、ということだろうか。こういう仕事はきっとおもしろいだろうなぁ。

Ambient

こんなことを考える。日本の軽自動車という規格、車幅を広くしてエンジンも少し大きくする。すると安定性、安全性、快適さ、どれもぐっと増すような気がする。(現実は、こんなことを言い出したら大変なことになるだろうけれど)
運転はしないけれど、車に限らず、乗り物が好き。それにしても、たまに昭和の時代の車を見ると(個性的なデザインにひかれる)、今の車が大きくなっていることに驚く。車の長さが、例えば50センチずつ短くなったら、渋滞の緩和にはつながらないのだろうか。誰かそんなことを研究していないかなぁ。

« | トップページ | »

映画・展覧会」カテゴリの記事