« | トップページ | »

2017年11月12日 (日)

クレルヴォ交響曲

11月8日都響定期演奏会は、引き続きハンヌ・リントゥの指揮でシベリウスのクレルヴォ交響曲。
3日の演奏会でリントゥがシベリウスの2番を演奏した時、リハーサルでは、皆この曲をよく知っているよね、という感じであまり大きく振らず確認だけして、本番でようやく開いた感じだった。含羞と言ったらよいのか、僕は彼のそういうあり方が好きだ。でもクレルヴォではリハーサルの最初から違った。

シベリウス・プログラムが続いたので、シベリウスについて少しだけ調べてみる。1865年生まれ、クレルヴォ交響曲は1891年の作曲、フィンランディアは1899年、2番の交響曲は1901年。フィンランディアに歌詞がつけられたのはずっと後の1941年、それをシベリウス本人が合唱用に編曲し、第2の国歌として歌われている。
クレルヴォはウィーン滞在中に作曲され、その頃シベリウスはブルックナーの3番の初演に立ち会ったらしい。そうでしょう、そうでしょう、クレルヴォの最後の部分の弦楽器の扱いはブルックナーによく似ているもの。ただし僕の意見を言わせてもらえば、その書き方はうまくいっているとは思えない。あんなに細かい音符が多いと弦楽器は鳴りにくい。(長大な曲を弾いていて最後のページにたどり着くといつも、ほっとした喜びにあふれるのものだけれど、このクレルヴォではその最後のページが目に入ったとき一瞬げんなりして、それからもう一度ぐっと下腹に力を入れる。)
第4楽章の後半、イ長調の明るい和音が鳴り(メンデルスゾーンのイタリアの冒頭のよう)そのすぐ後に様々な楽器が主題を追いかけるところの音の感じは、バルトークのオーケストラのための協奏曲の諧謔味たっぷりのフーガ(フーガというのだろうか、第2ヴァイオリンから始まり、第1ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラと受け継がれるごとに縮まって、コントラバスに順番が回ってきた時は冗談のように短い)にそっくりだ。もちろん、バルトークの方がずっと後だ。
クレルヴォ交響曲には、若いシベリウスが情熱をそのまま書くことにぶつけたような、たくさんの音符がある。独特で民族色が濃くエネルギーも強い。そうしたたくさんの音符は果たして、それに見合う十分な演奏効果をもたらしているかどうかは疑問だ。少し後のフィンランディアや2番の交響曲の頃には楽譜はずっとすっきりとしてくる。でもクレルヴォを弾いていると、様々な作曲家が現れてくるようで楽しかった。シベリウスが意識して書いたというより、深いところで作曲家同士がつながっている感じがした。
シベリウスの生きた時代(彼は長生きだった)、つまり1865年から1957年の世界には、ブルックナーやバルトークの他にも、ざっと見ただけでベルリオーズ、ワーグナー、スメタナ、ブラームス、チャイコフスキー、マーラー(1860年生まれ)、ドビュッシー、R.シュトラウス、ラヴェル、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ、ブリテン、・・・、ときら星のように名前がある。

Dsc_0797

今年2017年はフィンランド独立100年。フィンランディアは独立の前に書かれ、演奏を禁止されたこともあったらしい。今回の演奏会の指揮者、ソリスト(メゾソプラノ:ニーナ・ケイテル、バリトン:トゥオマス・プルシオ)、合唱(ポリテク合唱団)は全てフィンランドから。彼らは文化会館の舞台でどんな気持ちでフィンランディアを歌い聴いたのだろう。彼の国の人口は現在で550万に満たないくらい、東京の半分だ。その小さな国が隣接する大国から独立を守ることがどんなことだったか、僕たちには想像し難いことかもしれない。
ハンヌ・リントゥはクレルヴォに強い思い入れがあるようだった。強いリーダーシップが必要な曲と思う。舞台に立ってから躊躇なく演奏を始めるのもいい。一方で、例えばどこかのパートがもりもり弾くと、お、けっこうやるね、と表情で語ったり、時々(指揮の仕方で)遊んでみたり、カーテンコールの時の所作がドライだったり、そんなところにも共感した。
ポリテク合唱団はヘルシンキ工科大学の学生とOBからなるそうだ。90人の男性合唱の指揮が若く美しい女性で、合唱団と指揮者がうまくいっているらしいのも興味深かった。メンバーは大柄な人が多いけれど、意外に純朴な感じ。黒い飾りのついた、日本でいう学生帽のようなものをかぶっていて、それを洗わないというのがどうも伝統らしい。トリフォニーでの演奏会では燕尾服にその帽子という出で立ちだったそうだ。文化会館でもそうしたらよかったのに。ヘルシンキ工科大学ということは、もしかしてフィンランド発のゲーム、アングリーバードの開発者の中にポリテク合唱団のOBがいたりしないのかなぁ。

Dsc_0788

ところでもし万が一、職業音楽家がこの日記を読んでくださっていて、しかもあなたの予定表の近いところにクレルヴォ交響曲があって(まぁそんなことはあまりないと思うけれど)、さらにそのあたりが忙しかったりしたら、この曲はけっこうヘヴィですよ、と申し上げたい。

« | トップページ | »

音楽」カテゴリの記事