« 「私の中で歌いたまえ」 | トップページ | 知恵のような »

2018年6月17日 (日)

「どこに行くのかが先に」

6月11~15日の日経新聞夕刊「人間発見」に掲載されたのは起業家久能祐子(くのうさちこ)さん。15日の記事から。

『上野製薬での最初の起業の際からそうでした。「もうやめないか」と言われて、私はいつまでにいくら利益を上げ、いつ上場してと説明できました。
 自分でも不思議ですが、どこに行くのかが先に分かっていて、なぜ行くのかが後からわかってきます。将棋の名人もどこに指すか先に見えて、なぜだかが後からわかるという話を聞いたことがあります。経営者の中にもそういう感覚を持つ方が多いのではないでしょうか。
 経営学の世界でセルフエフィカシー(自己効力感)というそうです。「自信」とは違います。言ってみれば「根拠のない自信」です。起業にはこれが不可欠だと思います。この感覚は人と分かちあえないのか。もっと強めることはできないのか。いまの私を動かしているテーマです。』


2018_0601_12583300_2


« 「私の中で歌いたまえ」 | トップページ | 知恵のような »

書籍・雑誌」カテゴリの記事