« 知恵のような | トップページ | ラジオ »

2018年7月 6日 (金)

「経験や勘」

7月で日経新聞、特に夕刊の連載陣が新しくなった。「私の履歴書」、今月は中村吉右衛門さん。1日掲載の文章から。

『4歳で初舞台を踏んでから、今年で70年になります。世阿弥にならえば、老い木に花を咲かせるべき年齢になりました。至高の演技の位に「闌位」というのがあるそうですが、その言葉が示すように、なににも煩わされずに素直に心を出してお客様の胸に迫ることができる役者になりたいものだと考えています。』
『刀工は火の加減、たたき方、すべてが経験です。歌舞伎もまた経験でしかありません。ところが、これを受けつぐ力が薄れつつあるように感じられてなりません。経験や勘を人から人へと受け継ぐことの大切さを見失ってはいけないのです。なくなってしまったら、もうつくれない。歌舞伎も同じなのです。』

この文章を読んで先日、ピアノのピリスがテレビで語っていたことを思い出した。こんな内容だったと思う、『経験は言葉にすることができないから、伝えていくしかない、伝えていくのは私にとって義務のようなものだ。』。(もう一つ印象的だったのは、『私の方が誰かより優れている、という考え方は音楽から創造性を奪う』という言葉だった)

僕もそれなりに苦労して、大切なことはなかなか言葉にできないし、簡単に考えられることでも小手先で出来ることでもない、と感じるようになった。意識の表面で考えられることは知れているのではないか。人間はきっともっと深いところで生きている。

2f995854720d435ab22bc51b52d32877

6月29日の日経新聞夕刊に掲載された東浩紀さんの「困難と面倒」という文章から。

『ぼくは1971年生まれで、20代で情報革命の波に出くわした世代にあたる。だから長いあいだ、情報技術によるコミュニケーションの進歩や社会変革の可能性を信じてきた。けれどもこの数年で考えが変わっている。いまのぼくは、情報技術にあまり大きな期待を寄せていない。
かわりになにに期待すべきかといえば、最近は、家族や友人など、面倒な小さな人間関係しかないのではないかという結論に至っている。驚くほどつまらない話だが、今回は最終回なのであえて記させてもらおう。・・・』

電車に乗ると多くの人がスマートフォンの小さな画面を見て、おそらくほとんどの人がsnsかゲームをしている。今この光景は当たり前になっているけれど、10年と少し前にはスマートフォンは存在しなかった。驚くべきことだと思う、一昔前になかったものをかなり多くの人が持ち、しかもいくらかの人たちは取りつかれたように使っている。僕もスマートフォンを使うし、ずっと欲しいと思っていたipadを買ったばかりだ。
あの小さな画面を、毎日短くない時間、多くの人間が見て、何かを刺激され操作し、という状況はこれまで存在しなかった。人間はどのように変質していくのだろうか、それともそんなことでは変わらないものだろうか。

時々ぼんやりと窓の外を見て、何かに思いを馳せてみませんか?

Ec36339d38be4099a0edfd0712b93be3


« 知恵のような | トップページ | ラジオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事