« 昨日の日経新聞から | トップページ | 2月 »

2019年2月15日 (金)

ロメオとジュリエット、ウェストサイドストーリー

時々教えに行っている大学オーケストラの、今月の演目はチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」とドヴォルザークの「新世界より」。
チェロの分奏はいつも時間が足りなくなり、曲の後半が手薄になるので、先週は「ロメオとジュリエット」の後ろの方から始めた。曲の終わり近く、調性が明るくなり、木管楽器のコラールを過ぎて、低弦から始まる弦楽器のセクションをみていた時、もしかして・・・、と思った。バスがシ、ラ、ソ♯、・・・、と同じ音型を何度も繰り返すそのフレーズは、バーンスタインが作曲したウェストサイドストーリーの音楽の中にも、同じ音型がある。第二幕の「Somewhere」、女声で歌われる美しい旋律だ。七度音程の跳躍で始まるそのフレーズは何度も繰り返され、波のように押し寄せる。
ウェストサイドストーリーはシェイクスピアの戯曲「ロメオとジュリエット」に倣っている、と聞いたことがある。もしかして、バーンスタインはチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」へのオマージュとして、さらにもしかして、シェイクスピアへのオマージュとしても、チャイコフスキーの序曲からその音型を引用したのかもしれない、と思った。あるいは、たまたまその音型を書いてしまったのか(バーンスタインがチャイコフスキーのこの曲を知らなかった、ということはなかったと思う)、創作の秘密がどこにあるのかはわからないのだけれど。

Dsc_0168

動画サイトでチェリビダッケ&ミュンヘン・フィルの新世界を見た。https://youtu.be/_9RT2nHD6CQ
何度も弾いてきた曲に新しい世界が見える。チェリビダッケの指揮を見ると、あぁ確かに楽譜にそう書いてありますね、でも僕はそのことに気づいていませんでした、と思う。2019年の今日にはもう、こんなに存在感のある指揮者はいないのかもしれない。オーケストラの団員の感じも他と違う。
しても仕方のない後悔だけれど、チェリビダッケとミュンヘン・フィルの演奏を実際に聴かなかったことは悔やまれる。聴くチャンスは二度もあった。

« 昨日の日経新聞から | トップページ | 2月 »

音楽」カテゴリの記事