« 強く燃え立たせる | トップページ | 一本の木 »

2019年4月 4日 (木)

すらすらと

昨日までは冬のような北風で澄んだ青空、今日は南風が吹いてふわっと暖かくなり、空気の透明感はなくなった。紀尾井ホールに通っている。ライナー・ホーネックさんの指揮とヴァイオリンで、モーツァルトの交響曲第25番やセレナータ・ノットゥルナなど。駅からホールまで歩く間、桜が青空に映えて美しい。

Dsc_0071

ホーネックさんがヴァイオリンを弾く姿は、まるで最初からそうだったように、楽器と体が一体となっている。言葉や指揮で説明するより、ヴァイオリンで弾く一つ一つの音が雄弁に語る。音、フレーズの感じ方、テンションのかけ方、音程の取り方、・・・。一つ一つのフレーズに話し方があり、ぼんやり聴いているとそれがとても自然なので気付かないけれど、日本人の感覚に遠く、もしかして気付いてすらいないことを教えてくれているのかもしれない、と思う。彼のヴァイオリンを聴いていると、projectionという言葉が浮かぶ。音は投射する、投影する、何かを空間に放つようなものだと感じる。手元で楽器をごしごし弾くのではなく。

ト短調、第25番の交響曲は劇的で暗い。冒頭にリズムの強い摩擦はあるけれど、皆同じ音を弾く。第3楽章、第4楽章の冒頭もユニゾンだ。4つの楽章のうち3つがユニゾンで始まる。どういうことなのだろう。

2楽章ではヴァイオリンが弾く主題をすぐファゴットが追いかける。2本のファゴットはぴったり3度音程で書いてあるのに、追いかけられるヴァイオリンは(第1ヴァイオリンと第1ファゴットは同じ音)、第2ヴァイオリンが少し違う動きをする。きっとヴィオラ、チェロ・バスとの兼ね合いをとるため、物事をスムースに進めるため、第2ヴァイオリンをそう書いたと想像するのだけれど、それは熟考の末なのか、それともすらすらと、こうした方がいいでしょ、という感じでモーツァルトは書いたのか、どちらなのだろう。 

モーツァルトのト短調と言えば、第40番の交響曲が有名だ。バーンスタインがハーバード大学で行った分析は本当に素晴らしい。(20171222日の日記をご覧ください http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-2a59.html)この交響曲は第3楽章を除けば、半音進行がたくさんあり(例えば第一楽章の、一度聴いたら忘れられない主題、ミ・レ・レがすでにそうだし、第2主題も)、それらは当然多くの転調を伴う。第2楽章の転調は魔法のようだ。信じられないのは、第4楽章の展開部の入り口、ユニゾンでシ・レ・ファ・ラ・シ・・・、と弾く19の音で書かれたフレーズ。主音のソ以外の全ての音(!)が使われている。モーツァルトはたまたまこう書けてしまったのか、それともそうしようと意図して書いたのか・・・。こういうことに出くわすと、以前にも引用したブコウスキーの言葉を思い出す。(20151230日の日記をご覧ください http://ichirocello.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-9a57.html

Dsc_0076

『・・・ひとつひとつの音を、新たなる血や意味の迸りを渇望している男のように大いに味わって楽しみ、しかもそうしたものが実際に含まれているのだ。何世紀にも何世紀にもわたる、偉大な音楽の汲めど尽きない豊かな泉に、わたしは心底驚愕させられている。ということはそんなにも多くの偉大な人たちがかつて生きていたというわけだ。そのことに関しては説明することができないが、そうした音楽を享受できたこと、感じ取れたこと、それらを糧にできたこと、そして賛美できたことは、わたしの人生に於ける実に幸運なできごとだと言える。ラジオをつけてクラシック音楽に耳を傾けることなしに、わたしはどんなものであれ決して書くことはできない。書きながらそうした音楽を聴くこと、それが常にわたしの仕事の一部となってしまっているのだ。ひょっとして、いつかそのうち、誰かが、どうしてクラシック音楽には驚嘆に値する人物のすさまじいまでのパワーが込められているのか、そのわけを教えてくれることにならないだろうか?・・・』

« 強く燃え立たせる | トップページ | 一本の木 »

音楽」カテゴリの記事