« すらすらと | トップページ | 「希望の灯り」 »

2019年4月10日 (水)

一本の木

桜が散り、街路樹には新しい芽が出て、様々な柔らかい色が見られるようになった。
4月8日の日経新聞に掲載された池上彰さんと黒田博樹さんの特別講演の記事から。
池上 「初めから自信のある人はいないし、自信があると言い切れる人は鼻持ちならない。私は働き始めてからも自信がないままの日々だった。だから目の前の課題にコツコツと取り組んで、少しずつ自信を持てる部分を増やしていくことが大事だ」
黒田 「一試合勝っただけで自信につながるなら、一試合に負けて自信を失うこともあるはずだ。自信とは、結果を出すための裏付けや取り組んできた過程があって、初めて経験できるものだ。小さな積み重ねでも、いつか『こういうことだった』とわかる日がきて、自信につながる」
4f721dfc161a4cf39b19ba79c8148b34
一本の木のことを考える。大きさや見映えはどのようでもいい、雨が降ったり風が吹いたりしても、何かに寄りかかることなく、まっすぐ立っていられたら、と思う。

« すらすらと | トップページ | 「希望の灯り」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事