« 2021年1月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

3月の日経新聞から

3月最後の週末は、以前の東京を彷彿とさせるような人の多さだった。1年前、週末の人出で感染が広がったことを思い出す。
今月をふり返ってみる。

C828a72e561a494b849f433763627491

3月27日日経夕刊から、
『世界で新型コロナウィルスの感染の「第4波」への懸念が高まっている。医療崩壊が深刻なブラジルをはじめとする中南米では25日、感染者数が過去最多を更新した。欧州でも新規感染者数が1月中旬以来の高水準となった。各国でワクチン接種が進むものの、変異ウィルスの広がりもあり収束の見通しが立たない。・・・
 米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると世界の新規感染者数(7日移動平均)は25日時点で約52万人と、小康状態にあった2月中旬に比べて約5割増加した。』

3月27日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスの新規感染が止まらない。国内では26日、午後8時時点で2027人の感染が新たに確認された。1日の感染が2千人を超えたのは緊急事態宣言が出されていた2月6日以来。感染は地方でも急拡大しており、「第4波」への懸念は強まるばかりだ。
 ・・・
 感染力が強いとされる変異ウィルスの影響も懸念される。厚生労働省のまとめによると、23日までの1週間で、大阪と兵庫では計100人の感染が確認された。全国的にも変異型の感染者数は増えており、今回の感染拡大の要因の一つとの見方もある。』

3月20日日経朝刊から、
『高齢者施設で新型コロナウィルスのクラスター発生が相次いでいる。1月の緊急事態宣言以降、発生件数は480件を超えて飲食店の3倍超。感染対策と施設運営の両立を迫られる現場は疲弊し、利用減による経営への打撃も深刻だ。』

F77010b0db9e477ea7d268f09bcf1c0c

3月19日日経夕刊から、
『欧州連合で医薬品の審査を担当する欧州医薬品庁は18日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウィルスワクチンについて、安全性を確認したと発表した。指摘された血栓との因果関係はないと結論づけた。同ワクチンの接種を見合わせていたドイツやフランス、イタリアは19日に接種を再開する方針を示した。』

3月20日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスのワクチンの増産が本格化してきた。米ファイザー・独ビオンテックは欧州工場の本格稼働を受け、年間ワクチン供給能力を2021年中に20億回超分(従来は13億回分)に増やす。米モデルナも22年中に生産能力を14億回分にまで引き上げる。各社のワクチン生産増強を受け米国は5月から全成人への接種を始めるほか、日本も6月末までに1億回分の供給を受ける。』

3月23日日経朝刊から、
『英国は23日、新型コロナウィルスの感染抑制を目指した初めてのロックダウンから1年となる。死者は欧州で最悪の12万6千人にのぼるが、足元ではワクチン接種が順調で、成人の半数が1回目の接種を終えた。新規感染者も減り、ジョンソン首相の支持率は上向き始めた。
 ・・・ジョンソン政権は7月までに、18歳以上の全市民に1回目の接種を終える計画だ。
 1日あたりの新規感染者数は英国で1月、6万人超に達した。だがこれを最高に、ワクチンの普及とともに最近では5000人台に減った。・・・』

3月26日日経夕刊から、
『バイデン米大統領は25日の記者会見で、新型コロナウィルスのワクチンを巡り、就任100日後の4月末までに米国内で2億回の接種を目指すと表明した。1億回の目標を掲げたが、達成したため2倍に引き上げる。・・・』

24e197773f5f4c2086dc7fa51c66af4f

3月11日日経朝刊から、
『政府は国内のワクチン開発を担う製薬会社や研究機関の支援に乗り出す。・・・
 新型コロナで国産ワクチンの治験段階に入っているのは塩野義製薬と創薬ベンチャーの「アンジェス」に限られる。第一三共とKMバイオロジクスも3月をめどに治験に入る予定だが、開発に取り組んでいるのはごくわずかだ。』

3月13日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスワクチン接種の副作用について、厚生労働省は12日、専門家による部会を開き、急激なアレルギー症状であるアナフィラキシーが疑われる事例が11日までに36件報告されたと発表した。
 発生頻度は100万人あたり200件と米国(約5件)や英国(約19件)と比べて高かった。だが、国際的な基準に基づいた精査が必要とし、ワクチンについて現時点で「安全性に重大な懸念は認められない」と評価。接種後の経過観察を徹底したうえで接種を続ける方針だ。』

3月24日日経夕刊から、
『米製薬大手ファイザーは23日、新型コロナウィルスの治療薬について初期段階の臨床試験を開始したと発表した。感染者の体内でウィルスの増殖を防ぐ作用を持つ。口から飲む経口薬で、注射薬などに比べて利便性が高いのが特徴だ。』

3月13日日経朝刊から、
『健康な人に新型コロナウィルスを感染させ、体の反応を調べてワクチンや治療薬の開発に役立てる試験が英国で始まる。
 「人体実験」との批判もあるが決してとっぴな手法ではない。世界保健機関(WHO)も意義を認め実施基準を作成した。・・・』

3月22日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスの感染後に回復したにもかかわらず、様々な後遺症で苦しむ人が相次いでいる。そんななか、「ブレインフォグ」とよぶ脳に霧がかかったような状態を経験する人が少なくない。ただ、ウィルスとの因果関係や発症する仕組みなどに不明な点が多い。米国は本格的な調査に乗り出した。』

95f018d3c4fe497b8250bd9f87a02fe4

3月31日日経朝刊から、
『世界保健機関(WHO)は30日、最初に新型コロナウィルスの感染が広がった中国湖北省武漢市で1~2月に実施した発生源調査の結果を発表した。動物から人間への感染が最も可能性が高いとし、ウィルス研究所からの流出説はほぼ否定した。情報開示に消極的な中国の姿勢を背景に、充分な情報を得られていないとの指摘を盛り込み、調査権限の弱さも浮き彫りになった。
 ・・・
 ただ、人間への感染がいつどこで起こり、どうやってウィルスがひろまっていったかには切り込めなかった。武漢で多数の感染者が見つかる前のウィルスの振る舞いは未解明のままだ。報告書は、現地調査で得られた情報はこうした点についての結論を得るには不十分だったと論じた。・・・』

453ae47ae5364afda51c0fe61ef89305

3月6日日経朝刊から、
『懸念される新型コロナウィルスの感染再拡大の防止策として政府は無症状者を対象としたPCR検査を新たに打ち出した。1日1万件規模を目指し、感染拡大の予兆をいち早くつかむのが狙いだ。これまで柱としてきた感染者の追跡調査も増強し、検査と調査の両輪で感染拡大の芽を早期に摘む。』

3月28日日経朝刊から、
『下水に流れ出た新型コロナウィルスを検出し、流行の拡大や変異ウィルスのまん延をいち早く捉える試みが注目を集めている。誰が感染したのかまでは特定できないが、下水を通じて地域全体の感染状況がわかる。国内で流行の「第4波」が心配されるなか、大学と企業が分析サービスを始めるほか、分析の精度を上げる研究が相次ぐ。・・・』

3月3日日経夕刊から、
『米南部テキサス州のアボット知事は2日の記者会見で、新型コロナウィルス感染を防ぐためのマスク着用義務を10日にも撤廃すると発表した。同州では新規感染者数が7日移動平均で1日7000人超と全米で最多。バイデン米大統領が全国民にマスク着用を呼びかける動きに逆行する。』

3月1日日経夕刊から、
『中南米で閣僚や政府高官が秘密裏に新型コロナウィルスのワクチンを接種していることが続々発覚し、各国で社会問題となっている。ワクチンの確保がままならない中、権力者がルールを無視する姿勢は市民の怒りを買う。・・・』

Fe7436445bcb4ff3a7ad90f1087e5943

3月4日日経夕刊から、
『救急車の出動件数が減っている。高齢化を背景に増加が続いていたが、2020年は一転減少し、東京や大阪では前年に比べ約1割減った。新型コロナウィルス下の外出自粛による交通事故減少などが要因とみられる。「受診控え」が増えた可能性もあり、専門家は「経験したことのない体調の異常を感じたらためらわずに通報を」と注意喚起する。』

3月29日日経朝刊から、
『新型コロナウィルス対策で初の緊急事態宣言からまもなく1年。欧米では死亡数が平年を上回る「超過死亡」が生じたが、日本は11年ぶりに減少した。・・・
 「新型コロナ感染による死亡数だけでなく、日本全体の死亡数も抑えられたのではないか」。川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は2020年1年間の死亡数(速報値)が前年より9373人(0.7%)減ったことに胸をなで下ろす。死亡数は高齢化で年2万人程度増えていた。平年より3万人近く減少した形だ。
 ・・・ただ「これだけの対策でも流行する新型コロナはなお警戒が必要と気を引き締める。
 厚生労働省が公表済みの20年10月までの死因別の死亡数によると、最も減少したのは新型コロナ以外の肺炎で前年同期比で2割弱、約1万4千人減った。新型コロナで増加した1673人より減少分が上回った。インフルエンザの死亡数も941人で7割減。手洗いやマスク着用などで感染症が激減した。
 ・・・・・
 確認された感染者に対する死亡率は世界全体で4~5月に7%を超えた。検査拡充などで現在は2.2%。日本は1.9%でやや低く、感染拡大も防げたため死亡数を抑制できた。』

74ef6cddd32340f6973ce071eb37bd15

3月1日日経朝刊から、
『今後数年間に、進行したがんの患者やがんによる死亡者が増加するとの懸念ががん治療の専門家の間で広まっている。新型コロナウィルス感染症の流行が続く中、病院を受診する新規患者数が減少したり、がん検診の受診数の減少などが続いているからだ。・・・』

3月4日日経朝刊から、
『昨年1年間の生活保護申請件数が計2万3622件に上り、前年から1672件増えたことが3日、厚生労働省の集計で分かった。前年から増加したのは、比較可能な2013年以来初めて。新型コロナウィルス感染拡大による雇用情勢の悪化が影響したとみられる。』

3月17日日経朝刊から、
『警察庁と厚生労働省が16日に発表した2020年の自殺者数(確定値)はリーマン・ショック後の09年以来、11年ぶりに増加した。女性や若年層の自殺が増えている。新型コロナウィルスの感染拡大を背景に、経済的な苦境に追い込まれたり、孤立に陥ったりする人が増えているとみられる。』

92f2d43bb55f4ab492a58cdbef95a854

3月24日日経朝刊から、
『首都圏などにある主要大学30校の6割が4月以降、対面授業を中心にすることがわかった。変異した新型コロナウィルスへの警戒感が強まるなか、遠隔授業からの切り替えがじわりと進む。コロナ対応で導入した遠隔授業の利点を生かし、時間や場所の制約を受けずに学べる新しい大学教育の構築をめざす動きも広がっている。』

3月3日日経朝刊から、
『東京都の調査によると、新型コロナウィルスの感染が拡大した2020年6~11月に、劇場やホールでのコンサートや演劇などを見に行かなかった人が60%にのぼった。頻度・回数が減ったとする人が33%だった。・・・』

3月26日日経朝刊から、
『国内のプロスポーツの試合が新型コロナウィルス禍のなかで本格化する。サッカーや野球は防疫措置や感染対策を徹底しながらの開催となる。4月に観客規模の方向性を決める五輪の開催の形を占う試金石となる。』

3月4日日経夕刊から、
『英紙タイムズは3日、2021年の東京五輪・パラリンピックについて、「中止する時が来た」と題するコラムを掲載した。アスリートら大勢が集まることで新型コロナウィルスの感染を広げる可能性があるため、「日本だけでなく世界にとってリスクだ」と指摘した。
 筆者はリチャード・ロイド・パリー東京支局長。英国では五輪よりも小さな音楽イベントが中止になったほか、劇場なども閉じているとした上で、「世界最大の都市で開く4週間のイベントは明らかに中止すべきだ」と論じた。』

3月21日日経朝刊から、
『今夏の東京五輪・パラリンピックを巡り、政府と東京都、大会組織委員会は20日夜、国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会を交えて代表者による5者協議をオンラインで開いた。海外からの一般観客の受け入れ見送りを正式に決めた。』

8f43e8c3c1674605949013fcc91bf50b

3月26日日経朝刊に掲載された北島康介さんの記事から、
『4年に一度というサイクルはアスリートにとって本当に重い。トレーニングの進化により、僕と同い年のソフトボール・上野由岐子選手のように年を重ねても経験や引き出しの多さで活躍する選手も増えてはいる。それでも加齢に比例して体力、集中力は落ちるもの。まして1年延期になった今回は恩恵を受けて伸びる若手もいれば、旬の時期を失う中堅、ベテランもいるかもしれない。
 ・・・
 ケガなどのアクシデントと常に隣り合わせのトップ選手には、変化への耐性が強い人が多い。彼らの言動には、ネガティブな状況でもポジティブさを保つヒントがいっぱい隠されている。・・・』

3月12日日経朝刊に掲載された三浦知良さんの記事から、
『歌手が音の微妙な響き一つにこだわる。役者が身も心も、劇中のヒロインになりきろうとする。命を削るかのように。娯楽というと軽く思われるかもしれないけど、なんであれ心に響くものの背後には、真摯でひたむきな仕事が隠れている。半端だったら、人の心は動かせやしない。だから僕らサッカー選手も、娯楽の端くれとしてもっと精進しないとね。・・・』

2021年3月24日 (水)

定点観測

毎年クリスマスを過ぎた頃、新宿と渋谷の決まった場所を、決まったアングルで撮ることにしていた。50ミリレンズをつけたカメラに白黒フィルムを入れて。

11243b116ae74c629098975fec55f9d6

3月になり、テレビに渋谷のセンター街が映し出されるのを見ていた時、2020年はそれをしなかったことに気付いた。すっかり出かけなくなり、そしてフィルムの現像とプリントで長くお世話になったラボテイクが昨年秋に閉じられ、写真に気持ちが向かなくなっていた。
眠っていたカメラを虫干しし、あまり使わなくなっていたカメラやレンズをいくつも手放し(それでもまだ何台もある)、よく使うものに絞った。少し心が軽くなった。

旅行に行かなくなったことは、それほど残念に思わない。でも大学オーケストラの合宿がなくなり、避暑地の奥、山道を登り切った行き止まりにある宿に行かなくなったことは残念に思う。コンクリートとアスファルトとガラスに囲まれ、排気ガスの臭いのする東京に1年以上いて、山のひんやりとした空気が本当に懐かしい。

暮れに同じ場所で写真を撮るようにしたのは数年前のことで、定点観測と名付けていた。毎年同じ時期に同じ場所の写真を撮ると、景観はもちろん、人々のファッションや表情など、思いもしない変化が写るかもしれないと考えた。スマートフォンが普及する前に始めていたら、もっとおもしろかった可能性がある。10年前、人々はもう少し姿勢が良くて、表情もあったのではないだろうか。
2020年の定点観測をしていたら、ほとんど全ての人々がマスクをしている、という点で2019年と大きく違っていたはずだった。

定点観測と言えば、ほぼ毎日、チェロを弾くこともそうかもしれない。18歳、大学受験前の数ヶ月を除いて、何十年も弾き続けてきた。チェロをかまえることは同じでも、時期によって見えている景色はずいぶん違った。嫌だったことも、意欲に燃えていたことも、辛かったことも、もちろん嬉しかったこともある。今は、息をするように自然に、何の色も持たず、毎朝弾き始めたいと思う。

どんな演奏が、演奏家が素晴らしいのだろうか。年を取り経験を積み、人によっては立派な経歴がついているのかもしれない。でもその時出した音や音楽を、一点の曇りもなく、ありのままに聴くことができたら、と思う。録音するとよくわかるのだけれど、自分のしていることを客観的に捉えることは本当に難しい。素晴らしい演奏家は、自分を客観的に見る能力がきっと優れている。
自分の問題はもう一つ、弾いている自分の感覚が第一になってしまうこと。楽しみで弾くならそれでいいのかもしれない。どう聞こえているかが最重要、ということに今頃気がついた。

2bfa7b65176e4412868865f2c0a925be

同じ匂いの中にいるとその匂いがわからなくなるように、毎日同じようにしていると鈍くなりそうなので、違う弓で弾いたり、違う楽器を弾いてみたり、違う弦を張ってみたりする。すると現在位置をよりとらえやすくなるような気がする。
最近発売された弦を2種類、張ってみた。今はラーセンのIl Cannoneを使っている。おもしろいのは音色が2種類用意されていること。同じ銘柄で張力違いを用意するのがこれまでの発想と思う。音色違いは初めてかもしれない。(テンションが高くなると音色は暗め、低くなると明るめ、と理解している。)"Direct&Focused"が標準で、"Warm&Broad"がオプション、ということらしい。
僕が求めたセットには、Direct&Focused4本に加え、お試しでWarm&BroadのA線C線が同梱されていた。名前の通り、DFは固め明るめの音色、WBは柔らかく暖かい。6本全て弾いてみて、A線はWB、他は全てDFにした。D線もWBを張ってみたいと思っている。楽器によってきっとかなり違う。

驚くほどスムース、というのが第1印象。僕は車に乗らないけれど、最新の高級車はこんな感じなのだろうと想像する。左手がシフトしても音がつながりやすい。張力は高いのに、響きが多いことはこれまでの弦にない特徴だと思う。そして、圧力の変化に対して音程が驚くほど安定している気がする。張ってすぐ使えるのも、現代風だ。
この高性能な弦には、どのような開発のプロセスがあり、どのような技術が使われたのか、興味深い。

もう少しA線D線の張力が低ければ、軟弱な僕にも使いやすいのだけれど。下から張り替えていったので、下2本がDF、上2本ヤーガーという組み合わせも意外に良かった。

ラーセンを使っているとだんだん楽器がこもるようになって結局外してしまう、というのがこれまでの経験だった。4本同じ銘柄を張ることはあまりない。この新しい弦をしばらく使ってみる。

2021年3月17日 (水)

3月15日の演奏会

3月15日の都響演奏会は尾高忠明さんの指揮で、武満徹さんの「系図」とエルガーの交響曲第1番。
エルガーの1番は10年以上前に弾いた。むやみに高い音域が出てくること、弦楽器の後ろのプルトが独立して動くことしか覚えていなかった。あまりに多い音型を抱えきれず、収拾のつかない頭の中は散らかったまま終わった。どんな旋律も僕には残らなかった。

今回のリハーサルに先だって楽譜を開けてみると、見覚えのないモチーフが次から次へと現れた。パート譜には見慣れない音型がたくさん書かれていて、そこから曲の全体像を想像することは難しい。でもスコアを見て、主となる旋律は意外にシンプルで、対旋律のように絡む音型の方が独特、ということがだんだん分かってきた。チェロが弾く驚くほど高い音域のパッセージもそうしたものの1つと思う。残念ながらあまり効果的ではない、気がする。(エルガーのチェロ協奏曲だって、こんな高い音域は瞬間的にしか出てこない。)

325e023d3d9c4c0ba45f85e7960a3b01

以前、尾高さんが別のオーケストラを指揮した時、エニグマ変奏曲の中の有名な「ニムロッド」について、エルガーの特徴の1つは7度音程の跳躍だけれど、この曲ではそれが上向きではなく下向き、と話され、なるほどと感心した。(チェロ協奏曲には上向きの7度跳躍が何度もあり、そこには強い感情がこもっている。)
1番の交響曲ではオクターヴの跳躍が、ということだった。確かに8度音程の跳躍で始まる素晴らしい旋律がいくつもあった。憧れをもって、と言われた。

Ae4d80ecaaa34e14a482244e887893b5

2分の1拍子(4分の2ではなく)で書かれた第2楽章は風変わりだと思う。最初の難所を過ぎるとヴィオラが旋律を受け持つ。それは一瞬、映画スターウォーズに出てくるダースベイダーのテーマ(「帝国のマーチ」)のように聞こえる。(4つ目の音が上に行くか下に行くかの違い。ジョン・ウィリアムズはエルガーを聴いていたのだろうか。)

ヴァイオリンが弾き始める冒頭の16分音符のフレーズは、後に他のパートにも回って何度も繰り返される。

C8666f94121349219ed78ef496e42f60

楽章の後半では四分音符に拡大され(チェロソロと木管楽器のユニゾン)、

2c6cc97e4567401a9b7e1db38c859f22

さらにリズムが変形されて、そのまま第3楽章の主題になる。

7bbfc9e0dfa34ead8aa1dc1f67d9af07

同じ音の並びが形を変えて使い続けられると、それは聴いている人の意識の下に働きかけたりするのだろうか。それとも、ぼんやりした僕のように、何も残らないのだろうか。
第3楽章は大変に美しい。美しいまま終楽章に入ると、あっという間に曲は終わる。

エルガーの書き方は馴染みが薄く、なかなか体に入ってこなかった。でも少し慣れてくると、西洋音楽の主流であるドイツ音楽を、対岸のイギリスにいたエルガーの視点から眺められるようで、以前より捉えやすくなる気がした。

29c55c4d3f1643d89d2f289634cb4bcd

ずいぶん前、ヴァイオリニストのレジス・パスキエにラヴェルのピアノ三重奏のレッスンを受けたことがある。
冒頭の八分音符にはスタッカートを示す点が付いている。作曲家はその八分音符を驚くほど短く弾くことを要求した、と教えてもらった。直接会ったことはなくても、彼の知る人がラヴェルやドビュッシーにきっと接していたんだろうと思うと、とてもうらやましかった。
(レジスの叔父エティエンヌ・パスキエはチェリストで、戦争中に収容所で作曲されたメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」を、作曲家と共に初演している。)

Ea232fbd0eed4e6399ceb9255d4d36a3 

今回のリハーサルで尾高さんは、武満さんの様々なエピソードを話された。どれも興味深かかったのだけれど、聞きながらパスキエのレッスンを思い出し、得難い時間を過ごしていることに気付いた。作曲家の人となりを知っている人と一緒に演奏することは、実はそれほど多くない。
学生時代、カザルスホールや松本の演奏会で武満さんの作品が上演される機会が多く、ご本人もよくいらしていた。都響の若い楽員は武満さんに会ったことはなく、一方武満さんをよくご存じの方々もいる。
僕が初めてサイトウキネンに参加したのが96年、武満さんが亡くなられたのがその年の2月だった。あの夏、小澤さんをはじめ多くの方々が大きな喪失感を抱えていたのだろう、と今になって思う。もちろんその年も武満さんの作品(マイ・ウェイ・オブ・ライフ)が演奏された。

36c5edcba88949bc91f340cacf9c72d3

「系図」は95年に初演された晩年の作品。谷川俊太郎さんの詩が入り、こういう言い方は適当ではないかもしれないけれど、美しくわかりやすい。(先日弾いた武満さんの「夢の時」は、僕の耳に残る旋律がなく、旋律というよりも、変ニ長調の和音が重要な役割を果たしている気がした。一体どう作曲したのだろう。)
詩に音楽がどのように対応しているのか、尾高さんの丁寧な説明があり、谷川さんの詩や武満さんの作曲技法の魅力がより感じられるようだった。

語りは田幡妃菜さん。彼女の声を聞き、この詩を語るには、もう子供ではなく、しかし大人でもないことが必要なのだと感じた。
本番の日が彼女の誕生日で、ゲネプロが始まる前にサプライズでオーケストラが"Happy Birthday"を演奏した。一瞬何が起きているのかわからない様子だったけれど、すぐ気が付き、驚き、涙ぐんでいた。その姿を見て、自分には年齢と共に様々なものが積もり、こびりつき、こわばって固くなってきている、と思った。そうしたものを、これから少しずつ落としていこう。

「系図」はアコーディオンの使い方も素晴らしい。
この楽器が重い、ということは何となく知っていたけれど、大田智美さんにその理由と、構造を教えて頂いた。音を出すのは金属製のリード、同じ音を出すのでもアコーディオンが伸びる時と縮む時では空気の流れる方向が違うので、まず2つのリードが必要で、同じ音程の違う音色にはさらに別のリード。多数のリードが内蔵されていて、しかも鍵盤や様々なボタンはすべて機械的につながっている・・・。内部に組み込まれた精密な機構を想像した。僕たちは弦楽器の信頼する職人なしに演奏することはできない。きっとアコーディオンにも素晴らしい職人がいるのだろう、と思った。

「系図」の後半、音楽がハ長調の響きに包まれてから、
『そのときひとりでいいからすきなひとがいるといいな
 そのひとはもうしんでてもいいから
 どうしてもわすれられないおもいでがあるといいな』
という言葉が入る。

3月半ばになって暖かくなり、サントリーホールの近くでも桜が咲き始めた。武満さんのこと、お世話になった方々のことを思い出す。

B61ad10f57c641d0baeb785a615237f0

2021年3月 2日 (火)

2月の日経新聞から

2月をふり返ってみる。

2月1日日経夕刊から、
『新型コロナウィルスのワクチン接種が進む米国で、人種による接種の進捗度の差が生じ始めている。一部の州では人口対比でみて白人と比べ、黒人やヒスパニック系の接種が遅れている。』

2月9日日経夕刊から、
『新型コロナウィルスの感染者数で世界最多の米国で、7日までに人口のほぼ1割に当たる3200万人が1回以上のワクチン接種を受けた。』

2月17日日経夕刊から、
『新型コロナウィルスワクチンの国内での接種が17日始まった。1例目は国立病院機構東京医療センターで接種され、米製薬大手ファイザー製のワクチンが医師に打たれた。今後は同機構など100病院の医療従事者約4万人に接種し、国はこのうち2万人について副作用の有無など接種後の健康状況を観察して定期的に公表する。』

A7c81a976b714313aaa81995a6c5eed7

2月22日日経朝刊から、
『世界最速のペースで新型コロナウィルスワクチンの接種が進むイスラエルは22日、昨年12月からのロックダウンを緩和した。商業施設などが再開した。政府は接種を完了した人に新たな証明を発行し、一部施設への入場には提示を求める。』

2月23日日経朝刊から、
『米軍で新型コロナウィルスワクチンの接種が伸び悩んでいる。ワクチンの提供を受けた米兵のうち3分の1が接種を拒否した。米兵は長期間にわたり共同生活を送る場合が多く、集団感染が起きやすい。』

2月24日日経朝刊から、
『英政府は22日、人口の大半を占めるイングランドに敷かれているロックダウンの緩和計画を示した。3月8日の学校再開を皮切りに4段階で規制を緩和し、6月下旬に経済や社会活動のほぼ完全な正常化を目指す。』

2月26日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスのワクチンを公平に分配するための国際的な枠組み「COVAX」が24日、アフリカ・ガーナで初めてワクチンを配った。パンデミックの収束のカギをにぎる低所得国での接種が、欧米から2カ月遅れで始まる。』

2月27日日経朝刊から、
『欧州連合で新型コロナウィルスのワクチン接種が遅れている。・・・
・・・英オックスフォード大の研究者らが運営するデータベース「アワー・ワールド・イン・データ」によると、EUでワクチンを接種下人数は100人あたり6人強。英国の28人弱、米国の20人に比べて見劣りする。』

2月28日日経朝刊から、
『ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米国の1日あたりの新規感染者数(7日移動平均)はピークだった1月上旬の30万人から2月下旬には7万人程度まで7割強減少。英国やドイツ、フランスもピーク時と比べて6~8割減少した。
 ただ足元では新規感染者数に下げ止まりの兆しも出てきた。米独仏では2月中旬以降、前日比で新規感染者数が増加する日が目立ち始めた。背景にあるのが、従来型より感染力が強いとされ、ワクチンが聞きにくいとの懸念もある変異ウィルスの感染拡大だ。』

Bea9c2eacdbe49539009b8cd956c5806

2月4日日経夕刊から、
『英製薬大手グラクソ・スミスクラインなどの製薬大手が3日、新型コロナの変異ウィルスに対応するワクチンの開発を相次いで表明した。』

2月12日日経夕刊から、
『英製薬大手のアストラゼネカは11日、英オックスフォード大学と開発した新型コロナウィルスのワクチンを4月までに月間2億回分生産すると発表した。他社に委託するなどして生産量を増やし、年間30億回分の供給を目指している。』

2月6日日経朝刊から、
『英アストラゼネカが5日、新型コロナウィルスワクチンの製造販売承認を申請したことで、国内でワクチン供給の準備が動き出す。ワクチンの基となる原液は中堅製薬のJCRファーマが受託生産する。国内初のコロナワクチン量産が軌道にのるかが注目される。』

2月21日日経朝刊から、
『新型コロナウィルス禍の長期化を念頭に、国内企業のワクチンの開発・生産準備が本格化する。武田薬品工業は国内の自社工場でライセンス生産する米バイオ製薬ノババックスのワクチンの臨床試験を近く始める。第一三共も3月メドに自社開発ワクチンの治験を開始する。輸入ワクチンに頼る現状では供給リスクがあり政府も国産化対応を後押しするが、スピード感で課題も残る。』

63e4a30621b845c49b399b36846372f3

2月13日日経夕刊から、
『フランス政府諮問機関の高等保健機構は12日、新型コロナウィルスに感染した人がワクチン接種を受ける場合、1回で問題ないとの見解をしめした。』

2月17日日経朝刊から、
『・・・接種間隔の延長や1回のみの接種には批判の声も強い。米疾病対策センターは1回のみの接種では長期間の免疫が期待できない可能性があり、耐性ウィルスが出てくる恐れもあると警告する。』

2月20日日経夕刊から、
『米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが協同開発する新型コロナウィルスワクチンについて、1回の接種でも高い効果が得られたとするイスラエルの研究結果が発表された。

2月22日日経朝刊から、
「イスラエル保健省は20日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウィルスワクチンを全2回接種することで、発症を予防する効果が95.8%あったとの調査結果を発表した。』

5192daa5bad147e1abe7ce363ed97679

2月16日日経朝刊から、
『14日に日本で初めて承認された新型コロナウィルスワクチンを米製薬大手ファイザーと協同開発した独バイオ製薬ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者が、日本経済新聞のインタビューに応じた。サヒン氏は効果の持続性について「2年ごとに接種が有効」と述べ、多くとも1年ごとで十分との見方を示した。
 ・・・コロナ禍からの脱却のメドについては「75~80%の接種率で通常の生活に戻れる」と強調した。』

2月18日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスのワクチンによる副作用の調査は進んでいる。米製薬大手ファイザーのワクチンについて、米疾病対策センターは1月20日までに接種した99.7万人のデータを公表している。
 ・・・
 副作用で最も注意がいるのは、急性のアレルギー症状「アナフィラキシー」だ。じんましんやかゆみ、息苦しさに突如見舞われ、血圧の低下から意識を失う場合もある。CDCの調査では20万回に1回の頻度だった。インフルエンザワクチンは100万回に1.3回の頻度とされ、若干高く見える。
 ただ発症しても、速めにアドレナリンを注射すればショック症状を避けられる。ほとんどが接種後30分以内に起きるので接種会場に15~30分とどまる計画になっている。
 日本ワクチン学会理事長の岡田賢司・福岡看護大教授は「アナフィラキシーを恐れて接種しないという選択肢を選ぶのはもったいない。特に65歳以上の高齢者や基礎疾患のある人はアナフィラキシーのリスクよりも、感染して重症化するリスクの方がはるかに高い」と促す。』

2月27日日経朝刊から、
『厚生労働省は26日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウィルスワクチンを25日までに約2万人が接種し、これまでに副作用が疑われる重い症状が3例あったと専門部会で報告した。
 いずれも経過を見るため入院したが翌日までに回復しており、専門部会は「安全性に重大な懸念はない」と判断した。』

C764bea7684f4b3ab08e56065d42a843

2月23日日経朝刊から、
『国内で新型コロナウィルスの患者を受け入れる病床の割合が欧米の10分の1以下にとどまることが分かった。全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ桁違いに少ない。』

2月6日日経朝刊から、
『厚生労働省は5日、新型コロナウィルスの感染歴を調べる抗体検査を5都府県の契約1万5千人に実施した結果、東京都では0.91%、大阪府では0.58%から抗体が検出されたと発表した。国内初の感染者が確認されてから1年たつが抗体を持つ割合はいまだ低く、専門家は「集団免疫を獲得するためにはワクチン接種が必要だ」という。』

2月23日日経朝刊から、
『内閣官房と栃木県は22日、新型コロナウィルスの無症状感染者を把握するためのモニタリングPCR検査を宇都宮市内で始めた。市中心部と3つの学校で22、24、25日の3日間、計600人を対象に唾液PCR検査を実施する。規模や対象を見直しながら定期的に実施し、感染再拡大の兆しを早期につかむ狙いだ。』
『2020年の国内の死亡数は前年より約9千人減少したことが22日分かった。死亡数は高齢化で年平均約2万人程度増えており、減少は11年ぶり。新型コロナウィルス対策で他の感染症が流行せず、コロナ以外の肺炎やインフルエンザの死亡数が大きく減少したためとみられる。』

2月18日日経夕刊から、
『2020年に発生した交通事故による重傷者数は前年比13%減の2万7774人と過去最少だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。交通事故全体の発生件数も最小の30万9178件(確定値)で、減少幅は19%と最大だった。同庁は新型コロナウィルスの感染拡大に伴う外出自粛で交通量が減少したことが影響したとみている。』

2月24日日経朝刊から、
『米国で新型コロナウィルスによる死者数が累計50万人を超えた。米国で1人目の死者が判明した2020年2月末から増え続けており、わずか1年足らずで第2次世界大戦の米国の死者数をも上回る事態となった。・・・
 ・・・米国の平均寿命は20年1~6月に前年に比べ1歳短くなり、マイナス幅は、第2次世界大戦中の1943年以来の大きさとなった。』

455bce4f9eb446a9aeb4f072e0fbaf5b

2月5日日経朝刊から、
『東京都は4日、新型コロナウィルスの感染状況を分析する「モニタリング会議」を開いた。専門家が後遺症に関する調査結果をまとめ、若年層を含む7割超の患者が嗅覚障害や脱毛などの症状を訴えていると報告した。』

2月8日日経朝刊から、
『新型コロナウィルス感染症で重症化しやすい遺伝的な共通点が明らかになってきた。新型コロナは8割の人が軽傷で済む一方、2割が重症化するとされ、その違いを生む要因は謎だった。重症者で働く遺伝子を抑え、病原体を排除する免疫システムが暴走してしまう事態を防ぐ治療などへの応用が期待される。』

2月7日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせるアプリ「COCOA」で、一部機種で感染者と接触しても通知されていなかったことが発覚した。スマートフォンの基本ソフトの更新頻度にアプリ修正の精度が追いつけなかったことが主因とみられる。外部任せの運用で対応を誤り、国民ニーズとかけ離れた行政サービスを生んでいる。』

Af0ddf16954642b196066ffcb92119f7

2月10日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスの発生源を調べるため中国の湖北省武漢市に派遣された世界保健機関(WHO)の調査団は9日記者会見を開き、ウィルスの起源の解明に向けて「さらなる研究が必要で、今後も継続していく」と述べた。・・・
 記者会見でWHO側リーダーの研究者、ピーター・ベン・エンバレク氏はウィルスの感染経路として①動物から直接人間に感染②中間宿主を経由③冷凍食品などの食品流通網を経由④研究所での事故 ー の4つの仮説をあげた。』

2月16日日経夕刊から、
『新型コロナウィルスの発生源とされる中国湖北省武漢市で2019年12月に感染者が1千人を超えていた可能性がでてきた。米CNNが15日、世界保健機関(WHO)調査団員のピーター・ベン・エンバレク氏の話として伝えた。』

2月19日日経朝刊から、
『世界保健機関(WHO)が新型コロナウィルスの発生源を突き止めるために中国に派遣した調査団はどこまで真実に迫れたのだろうか。メンバーから、中国の主張をうのみにするような発言も飛び出したことに、首をかしげる専門家もいる。・・・
 ・・・
 喜田(北海道大学特別招聘)教授は「世界中の野生動物が多数の未知のウィルスを持っており、ヒトにうつるリスクは常にある」と警鐘を鳴らす。』

2月17日日経朝刊から、

『高病原性鳥インフルエンザが各地で猛威を振るっている。2020年度は殺処分数が過去最多となり、特に首都圏や四国、九州などで大きな被害が出ている。』

2月16日日経夕刊から、
『西アフリカが再びエボラ出血熱の脅威にさらされている。ギニアで3人が死亡し、同国政府は14日にエボラ熱の流行を宣言した。』

2月23日日経朝刊に掲載された英フィナンシャル・タイムズの記事から、
『タンザニア保健相が2月に行った新型コロナウィルスに関する記者会見は、まるで料理番組のようだった。ショウガ、タマネギ、レモン、香辛料を加えたミキサーを手に取り、この野菜スムージーでウィルスは防げると説明した。
 その根拠は何も示さず、コロナウィルスは「周辺諸国で猛威を振るっている」がタンザニアはそうではないと保健相は語った。人口約6000万人の同国はワクチンを必要としておらず、「供給を受ける計画はない」とした。』

4709ff4c5ad5492fb327e828f60ed442

2月8日日経朝刊から、
『新型コロナウィルス禍の米国で起業ブームが起きている。米政府の統計で、2020年の新規事業立ち上げの申請件数は過去最高水準を記録した。』

2月16日日経朝刊から、
『15日の東京株式市場で日経平均株価が1990年8月以来30年ぶりに3万円台の大台に乗せた。』

2月1日日経朝刊から、
『日本経済新聞社の世論調査で今夏に予定する東京五輪・パラリンピックの開催について聞いた。感染拡大が続くなら「中止もやむを得ない」が46%、「再延期もやむを得ない」は36%だった。「感染対策を徹底したうえで予定通り開催すべきだ」は15%にとどまった。』

2月25日日経夕刊から、
『国際オリンピック委員会のバッハ会長は24日、東京五輪・パラリンピックの会場に観客を入れるかの判断は「4月か5月初めになる」との見通しを示した。』

2月20日日経朝刊から、
『新型コロナウィルス下での文化芸術活動に関する文化庁の専門家組織は19日、政府が2月末までとしている大規模イベントの開催制限に対する見解を公表した。コンサートや演劇などについて「観客が大声で声援を出さないことを前提とする公演は早期に収容率を100%以内に緩和することが考えられる」とした。』

Eb57d907cc974ea38d0a2e6d96725de8

2月16日日経朝刊に掲載された英エコノミスト誌の記事から、
『奇跡にも限界がある。新型コロナウィルスのワクチンは多くの人が期待していたよりも早く実用化され、高い効果を発揮している。ワクチンがなければ、パンデミックの死者は1億5000万人を超える恐れがあった。
 それでも、世界で接種が進む一方で、ワクチンがコロナを根絶してくれると期待するのは誤りだということが明らかになっている。むしろ、新型コロナの流行は何年も続き、恒常的に社会に存在する「エンデミック」になりそうだ。』

2月18日日経朝刊に掲載されたイアン・ブレマー氏の記事から、
『新型コロナウィルスの感染が世界に拡大してから約1年がたつ。公衆衛生上の影響は明らかだ。世界全体の感染者は1億人を超え、死者は200万人に達する。有効なワクチンの接種が進んでいるのは朗報だが、少なくともあと1年は政治、経済、社会全般における活動全てが、開始と停止を繰り返す回復となるだろう。』

2月18日日経朝刊に掲載されたビル・ゲイツ氏のインタビュー記事から、
『 ー ネット上では新型コロナウィルスをめぐる陰謀論や地球温暖化をめぐる偽情報が横行しています。コロナワクチンで、あなた自身が陰謀を企てているという話も流れています。
「私は2010年に地球温暖化について、15年に感染症問題について講演したが、私が陰謀論の標的になるとは考えもしなかった。こうした偽情報で、人々がマスクをするのをやめたり、ワクチン接種を躊躇したりするのは残念なことだ。ワクチン接種率を80%に上げたいところだが、こうした情報に惑わされると強い集団免疫が得られなくなる」』

B4eaedc62a8946d7bf4b4a697bc7322a

2月9日日経朝刊に掲載された英エコノミスト誌の記事から、
『自然の経済への貢献度とはどのようなものなのか ー 。
 ・・・
 だが経済学者がほとんど思いをいたさないものもある。・・・
 呼吸に適した空気、飲用に適した水、生存に適した気温があってこそ人間は活動できるのだが、それを支えている複雑なエコシステム(生態系)は存在していて当然ととらえがちだ。
 これは分析上の単なる見落としではなく、深刻な問題だとする報告書がこのほど公表された。経済学者でケンブリッジ大学名誉教授のパーサ・グスタプタ氏が、英政府から依頼を受けて、生物多様性を巡る経済学について執筆したものだ。同報告書は、経済学者は自然が経済活動で果たす役割を見過ごすことで、環境破壊が成長や人間の生活にいかにリスクをもたらしているかを過小評価していると指摘する。
 ・・・
 ・・・グスタプタ教授は経済学者も経済成長には限界があることを認識すべきだと説いている。地球の限りある恵みを効率的に活用してもそれには上限があるわけで(これは物理学の法則に基づく)、従って持続可能な最高レベルのGDPという水準も存在するということだ。』

« 2021年1月 | トップページ | 2021年5月 »