« 楽器の中の空気 | トップページ | 『予測不能だとしか予測できない世界』 »

2021年12月30日 (木)

冬休み

仕事納めの翌日、少しチェロを弾いてから、楽器を掃除し、弦を緩め、部屋の掃除もし、少しの冬休み。

3da73fe95c3d416c83916cd07b1d3a84

弾いていない時間も大切、と思うようになった。普段どうやって生きているのか、どのように外の世界を感じ、それに対して自分はどう動いているのか。
楽器に触れている時に自分がどんな状態か、どんな気持ちでいるか、そうしたこともきっと大切だろうと思う。嬉しいと感じるのか、嫌々弾くのか、仕方なく弾くのか、野望や願望を抱いて弾くのか、あたたかい気持ちでいるのか。
息をするように自然に、何も持たず、弾き始められたら、と思う。

0894d5f0a11d411c8cfd839c74ab6df5

気が付いていない、意識もしていない自分の癖に、音楽の表現が影響され、その表現が再び弾き方の癖に影響し・・・。そうしたループ、あるいはフィードバックと呼んだら良いのか、に気付くことがとても大切だと思う。よいループに気付き、それを身につけられるように。

50年以上生きてきて、自分の体は思い通りに動かないことを、今更のように身に沁みて感じる。こうして物事を考えている意識が自分であり、体より優位にあるような錯覚を覚えるかもしれないけれど。
自分の体を動かしている膨大な何かの、ごく表層に住まわせてもらっていると感じることがある。良い演奏をするには、表立っては現れてこない自分をどのように感じ、そこにどのようにアクセスして、どのように働きかけられるか、そうしたことが鍵になるのではと思う。

1c711499c7854323aab2b4430bea05d1

« 楽器の中の空気 | トップページ | 『予測不能だとしか予測できない世界』 »

音楽」カテゴリの記事