« 9月の日経新聞から | トップページ | 11月の日経新聞から »

2022年12月 1日 (木)

10月の日経新聞から

10月1日日経夕刊から、
『世界の10人に7人が強権国家に住み、民主主義は今や3人未満 ー 。英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」の調査でこんな傾向がわかった。
 強権主義の台頭で、民主主義国家に住む人口はこの10年間で2割以上も減った。』

10月4日日経朝刊から、
『新型コロナウィルスの大流行は人類に感染症の恐ろしさを改めてつきつけた。だが裏で静かに進むもう一つの感染症問題がある。抗菌薬が効かない耐性菌の広がりだ。30年後には耐性菌による死者数ががんによる死亡数を上回る可能性があるという。・・・
 「2020年に米国内で7種類の耐性菌による院内感染例が少なく見積もっても前年比で15%増え、耐性菌が原因で2万400人以上が死亡した」 ー 。世界が新型コロナとの共存にようやく活路を見いだし始めた7月、米疾病対策センター(CDC)はこんな報告書を発表した。当時の米国のコロナ死者数の10%弱にあたる人が耐性菌の前に倒れたことになる。未知のウィルスだった新型コロナの流行初期、患者を助けようと過剰に抗菌剤を投与。耐性菌が急激に広まり脅威が増したという。』

10月5日日経朝刊から、
『子どもがインターネットに費やす時間が増えている。内閣府の2021年度の調査では、10~17歳の1日当たりの平均利用時間は約4時間24分だった。』

0059c2b68cfc468f8d97efc4a4ee7178

日経新聞の連載「私の履歴書」、10月は西川きよしさん。10月2日の記事から、
『大家族でもあり、特に口うるさく行儀作法をしつけられたような記憶はない。ただ母は「他人の悪口はいってはならない」「人様をうらやましがるな」「良いときも悪いときも、幸せには平均点がある」という常識をよく口にしていた。貧しい暮らしゆえに陥りがちな好ましくない習癖が身に付かぬようにということだろう。』

10月2日日経朝刊に掲載された、作家東山彰良さんの記事から、
『夢はいつだって叶えた方がいいに決まっている。でも、そうそううまくいくとは限らない。その夢が大きければ、なおさらだ。叶えられた夢は自信となり、叶えられなかった夢は後悔になる。私に言えるのは、長い人生においては、どちらも同じくらい大切なものだということ。』

D922fb021012402baf5a3c56c9a6906b

« 9月の日経新聞から | トップページ | 11月の日経新聞から »

新聞」カテゴリの記事