趣味

2017年10月 5日 (木)

新しいレンズ

ずっと欲しいと思っていたマクロレンズ(接写用のレンズ)が手元に来た。マイクロニッコールの55ミリ/2.8。何十年も前の設計で小さいのによく写る。
窓際に鎮座して、空を撮る専用になっていた大柄なデジタル一眼レフの出番が増えた。足元には豊かな世界が。

016

昔持っていたライカの伝説的なマクロレンズを思い出した。凄みがあったなぁ。手放したことを後悔している機材の一つ。それにしても、あの頃よくあんな身分不相応の買い物ができたものだと思う。
今度のマイクロニッコールは新宿のM商会で程度の良い中古を見つけた。知識の深いお店の人たちと話すのは楽しかった。

017

遠くを撮ってもいい。高いところにも素晴らしい世界が広がっている。

021


2016年11月 5日 (土)

写真のページを

久しぶりに写真のページを加えました。左の「2016 新宿」というところからも入れます。
http://ichirocello.cocolog-nifty.com/photos/2016_shinjuku/index.html

20161029shinjuku2


2016年6月 1日 (水)

X70

たいていは家電量販店でその気もなしに手に取った、ということがきっかけになるのだけれど、時々カメラが欲しくなる。昔写真に夢中だった頃はそういうカメラは、ほぼ躊躇なく、しばらくすると手元にあった。今はできるだけ他ごとを考えるようにしている。

さて、気になっているのはX70という小さなカメラ。宣伝する訳ではないけれど、素晴らしいことに富士フィルムはカメラレンタルをしている。しかも1日なら無料。昨日、借りて小網代の森に出かけた。使い勝手がいいのに加えて、パートカラーという機能が楽しかった。決めた色以外はモノトーンになる。(前持っていたカメラにもあった機能だけれど、その時はまったく使わなかった。なぜだろう) これを持って街を歩くと楽しい。

Roppongi1


Roppongi3


Roppongi2


2015年8月22日 (土)

何年も棚で眠っていたロモのLC-Wというカメラを使った。

018_17

フィルムは高価なものになってしまったし(まだ売ってるの?と聞かれる)、今の高精度なデジタルカメラにはまったく及ばないけれど、ピントが甘かったり、フィルムのざらざらする感じまで何だかいいな、と思ってしまう。(8月9日、16日の日記の画像もLC-Wで撮ったものです)

033_32

2014年9月 2日 (火)

誰かから

今日は誰かから恵んでもらったような日だった。

釣りへ。釣りと言っても、奥多摩川の本流を区切った大きな釣り堀のようなところへ。早起きして芦ノ湖に行くほどはがんばらず、昼前に奥多摩へ。がんばらない釣りも悪くない。川沿いの遊歩道を歩くとバッタがきちきちと鳴いて先導してくれ、空にはもうアキアカネが飛んでいる。
今日のヒットルアーはスピナー。水の中を引いてくると金属の羽根がくるくる回るやつだ。長野の梓川でもいい思いをした。どうしてこれで魚が釣れるのかは釣りの七不思議のひとつ、と僕は思う。ちょっと暑かったけれど、思ったよりニジマスが上がったし、そのスピナーの倍くらいの大きさしかないウグイも釣れた。もちろんすぐ逃がしてあげた。

20140902_140212

帰りの電車では、短い時間底が抜けたように眠った。作家の開高健さんが釣りに夢中になった気持ちがわかるような気がした。あちらはアラスカやアマゾン、こちらは多摩川、あちらはキングサーモン、こちらは小さなニジマス(ウグイ)という違いはある。しかし今、その違いはちっとも本質的な問題ではない。
時々釣りに出かけよう。

2014年5月 6日 (火)

大幅値上げ

今日はチェロを弾かない日。
仙川で散髪してから海へ、のつもりだった。もちろん鞄にはカメラが入っていたのだけれど、小雨混じりのうす寒さに気持ちがくじけ、頭がさっぱりしてから新宿の大きな本屋へ。何の制約もなしに書棚から書棚へとさまよう時間は至福だった。

カメラマガジン5月号の表紙は田中長徳さんの写真。伝説のレンズ、ホロゴンとフィルムの組み合わせで撮られたポルトガルは、僕の知っている長徳さんの写真の中で一番好きかもしれない。
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=18763
その写真の少し後には、デヴィット・シーモア撮影のオードリー・ヘップバーン(1956年)が載っている。何も言いようのない素晴らしさだ。

3月から最新のデジタル一眼レフを使ってみて、予想通りの便利さと高性能だった。抜群の高感度とフィルム交換不要の良さは、舞台写真はもちろん、例えばきっと水中写真には圧倒的だろうと思う。でもやっぱりフィルムがいい、と思った。理屈ではなく、好きなものは好きだから仕方ない。

20130426t2korakuen2

その気持ちが高まったところで、コダック製品大幅値上げのニュースを聞いた。
http://www.nationalphoto.co.jp/1F/kodak_news_06.htm
・・・・・。トライX(定番の白黒フィルム)が1本千円近くに。僕が写真を始めた頃の3倍の値段だ。フィルムで写真を撮ることは希少で高価なものになるということか。ちゃぶ台をひっくり返したくなった。

2014年4月15日 (火)

いいことづくめ

昨日写真展を二つ見た。一つは最新のデジタルカメラで、もう一つはフィルムの時代に撮られたもの。撮影機材の進歩はものすごく、以前では考えられなかったような高感度や高解像度、速いオートフォーカスが可能になっている。でも僕に魅力的に見えるのは昔の写真のことが多い。

先月末からこの日記に写真を多く載せているのは、久々に物欲が爆発して新しいデジタルの一眼レフを買ったため。見やすいファインダーときびきびした動作、安定したホワイトバランス、3200くらいならまったく問題のない素晴らしい高感度、・・・。でもだんだん満たされない何かがあらわになってくるから不思議だ。気持ちが写る、というその緊張感だろうか。フィルムの残量を気にすることも交換も不要、空港でのX線検査を気にすることもなく。いいことづくめなのだけれど。

006

2013年12月15日 (日)

限られた力を有効に

ブレーキの交換を終え、僕の素晴らしい乗り物、自転車が戻ってきた。
ブレーキ・キャリパーとワイヤーを替えてもらったら、驚くほどスムースで、しかもかっちりとした効き具合になった。シマノ(自転車部品メーカー)ばんざい!と言いたくなる。もっとグレードが上の部品にすると、雲上の乗り心地になるのだろうか。

003

小さな部品の一つ一つまで、自転車は美しいと思う。シンプルだし、きっと限られた力を有効に使う工夫がされているからだ。はるかに複雑だけれど、飛行機も美しいと思う。
ところで、僕にとって最も素晴らしい楽器はチェロ、もちろん。

Mike5

2013年5月15日 (水)

新しいカメラ

新しいカメラを、と言うとチェロの順平さんに「また買うの!」とこの世の終わりのように呆れられる。
先日の演奏旅行に出かける前日、新しいカメラを買った。オリンパスのXZ-10。このためにヨドバシカメラのポイントを貯めていたもの。
http://olympus-imaging.jp/product/compact/xz10/

オリンパスのカメラについているアートフィルターのラフモノクローム(高感度フィルム、製造中止になったフジのスーパープレストのようにコントラストが高く粒子が荒い)というのをずっと使ってみたかった。黒いフチもつけてみたかった。

027

(都響のステージ、男3人衆)

090

(大阪駅には音符の形をした水が落ちてくる場所がある)

5月12、14日の日記に画像を加えてみて、カラーの時は黒フチが無い方がいいのかも、という気がした。でも今日2Lサイズでプリントしたらいい感じだった。
アートフィルターにはラフモノクロームの他にも、コントラスト低め明るめの画像になるもの

078

周辺光量が落ちるもの

036

色が派手になるもの

101

有名なドラマチックトーン

076

さまざまあっておもしろい。ただ、アートフィルターのせいか電池の減りは早いような気がする。

XZ-10はセンサーが小さいこともあり、大きく伸ばして画質をとやかく言うカメラではないと思う。でもこの小ささは抜群で、いつもの街を歩いていてもまったく退屈しない。(僕はオリンパスの回し者ではありません) 
飛行機雲を撮ってみたかった。

102

ズーム全域で明るいレンズもいい。今晩の月。

104

2013年4月26日 (金)

だいぶ濃くなってしまったけれど新緑が見たくて新宿御苑へ。
遠足の子供たちでいっぱいだった。

20130426_122946

天気に恵まれ、温室の中は暑いくらい。

20130426_124954

20130426_125254

御苑を出てすぐのフォトギャラリーキタムラでは読売新聞写真部写真展「LENS 被災地発」が開かれていて、見入った。
http://blog.kitamura.jp/13/4358/2013/03/_4181311.html

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー