趣味

2018年4月22日 (日)

こつんと

ぐっと本数は減ったけれど、今もフィルムで写真を撮っている。久しぶりに古いカメラを持ち出した。露出計も付いておらず、ファインダーを覗くと35ミリレンズの撮影範囲を示すフレームと中央の距離計しかない。何かに心を動かされたら、明るさを計り、シャッタースピードと絞りを決め、1枚、多くて2枚を撮る。それは心地良く、すとんと腑に落ちる瞬間だ。そうして撮りためた中から、1年たち2年たっても印象に残っている写真を、6つ切りや4つ切りの大きさにプリントしてもらう。バライタ印画紙に丁寧に引き伸ばされた写真には、見入ってしまう美しさがある。

2018_0422_112542002

「アサヒカメラ」5月号はモノクロ写真特集。
鬼海弘雄さんの記事から。
『訓練って、地味だけど、地味なことが必要なんですよ。大工さんが、かんなの刃を研いだり、鋸の目にやすりをあてたり、そういう地味なことをして仕事を覚えていく。地味なことをやるというのは、植物を大地に植えるのと、ベランダのプランターに植えるくらいの大きな違いがゆくゆくはある。同じような葉っぱで、同じような花が咲いたとしてもね。ものをつくるには、そういう面倒くささというか、不便さが必要かもしれない。デジタルなんか、その訓練がいっさいないわけでしょう。私は銀塩でやっているから面白い。面倒くさいし、お金もかかるんですけどね』

折しも富士フイルムが白黒フィルム「acros」の販売終了を発表したばかり(10月頃まではあるそう)。大きな企業が、この先売り上げが伸びるとは考えられない白黒フィルムや印画紙を終了するのは、ごく当然な判断と思う。技術の進歩で写真撮影はフィルムの様々な制約から解放された。画像の確認が容易になり、信じられないような高感度が実現し、撮影後の編集の幅も広い。時間がかからず、便利だ。
よく写真展に出かける。やっぱりフィルムはいい、と思うことも、このデジタルなら、と思うことも、どうしてこれを、と思うこともある。幸いなことに最近は落ち着いているけれど、時々デジタルカメラが気になり、手に入れ、しばらく目新しさに魅せられ、なぜか飽きて使わなくなり、再びフィルムを手にし、・・・。そうしたことを振り子のように何度も繰り返してきた。富士フイルムのデジタルカメラも使っている(X100F)。でもフィルムの美しく奥行きのある世界は、やはりフィルムの中にしかないと思う。心にこつんと当たるような、と言ったらよいのか。企業の経営は間違いなく非情なものと想像するけれど、一度その世界を失ってしまうと・・・。

キャノン・ギャラリーSで開かれている。ルーク・オザワさんの写真展「JETLINER ZERO」へ。素晴らしかった。(cweb.canon.jp/archive/luke-jetliner/index.html)
ルークさんは先日出ていたJ-Waveの放送の中で、空の中にある飛行機を撮る、という意味のことを言っていたと思う。まさにそういう写真だった。知っているはずの羽田、成田、新千歳、そういった空港がまるで別の世界のように見えた。


2017年11月27日 (月)

観音崎

午前中少しだけ勉強してから(このところバーンスタインの講義録を一生懸命読んでいる)観音崎へ。ぐずぐずしていた上に電車に乗り遅れ、目的地に着いたのは午後遅くだった。雲が厚く、いっそう空が暗い。毎年感じることだけれど、つるべ落としと言われる通り11月に入ってから追い立てられるように日が早く沈む。電車の中で調べてみたら東京は12月初めが最も日没が早いそう(16時28分)。おととしの11月にヨーロッパに行った時、日の短さと空の低さに閉口した。ストックホルムに着いた翌朝8時にカーテンを開けた時の驚きといったら。北国の人たちは毎年あの光の少ない季節を過ごすのだから、その粘り強さにはきっとかなわないだろうと思った。東京の冬の良いところはとにかく晴れて空が高いことだ。空気はかりかりに乾燥するけれど。

Dsc_0889

観音崎をぐるりと歩いて、灯台にも上がった。16時の閉館ぎりぎりだった。ここの楽しいのは東京湾を出入りする実に様々なたくさんの船を見られること。そしてその後ろには対岸の千葉が見える。海や鳥、猫の写真を撮って、日没の頃バスに乗った。海沿いを走るバスの車窓からは写真を撮った海が見える。暗くなってからいっせいに灯台や対岸の工場の明かりがともり、幻想的な感じになることを知った。もう少しゆっくり過ごしてもいいということだ。
変わらず写真は大切な楽しみで、今はまた白黒フィルムで撮ることに戻っている。昨日観た写真展ではデジタルカメラによるモノクロプリント展示だった。(オリンパスギャラリー東京での清水哲朗写真展「Anchin」https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/732)プリントのクオリティも素晴らしく、もうデジタルだから、フィルムだから、という時代ではないなと思った。でもフィルムの良さは、カメラもフィルムもシンプルなことだと思う。ラボテイクにフィルムを出して帰宅。現像を受け取るのが本当に楽しみ。


2017年10月 5日 (木)

新しいレンズ

ずっと欲しいと思っていたマクロレンズ(接写用のレンズ)が手元に来た。マイクロニッコールの55ミリ/2.8。何十年も前の設計で小さいのによく写る。
窓際に鎮座して、空を撮る専用になっていた大柄なデジタル一眼レフの出番が増えた。足元には豊かな世界が。

016

昔持っていたライカの伝説的なマクロレンズを思い出した。凄みがあったなぁ。手放したことを後悔している機材の一つ。それにしても、あの頃よくあんな身分不相応の買い物ができたものだと思う。
今度のマイクロニッコールは新宿のM商会で程度の良い中古を見つけた。知識の深いお店の人たちと話すのは楽しかった。

017

遠くを撮ってもいい。高いところにも素晴らしい世界が広がっている。

021


2016年11月 5日 (土)

写真のページを

久しぶりに写真のページを加えました。左の「2016 新宿」というところからも入れます。
http://ichirocello.cocolog-nifty.com/photos/2016_shinjuku/index.html

20161029shinjuku2


2016年6月 1日 (水)

X70

たいていは家電量販店でその気もなしに手に取った、ということがきっかけになるのだけれど、時々カメラが欲しくなる。昔写真に夢中だった頃はそういうカメラは、ほぼ躊躇なく、しばらくすると手元にあった。今はできるだけ他ごとを考えるようにしている。

さて、気になっているのはX70という小さなカメラ。宣伝する訳ではないけれど、素晴らしいことに富士フィルムはカメラレンタルをしている。しかも1日なら無料。昨日、借りて小網代の森に出かけた。使い勝手がいいのに加えて、パートカラーという機能が楽しかった。決めた色以外はモノトーンになる。(前持っていたカメラにもあった機能だけれど、その時はまったく使わなかった。なぜだろう) これを持って街を歩くと楽しい。

Roppongi1


Roppongi3


Roppongi2


2015年8月22日 (土)

何年も棚で眠っていたロモのLC-Wというカメラを使った。

018_17

フィルムは高価なものになってしまったし(まだ売ってるの?と聞かれる)、今の高精度なデジタルカメラにはまったく及ばないけれど、ピントが甘かったり、フィルムのざらざらする感じまで何だかいいな、と思ってしまう。(8月9日、16日の日記の画像もLC-Wで撮ったものです)

033_32

2014年9月 2日 (火)

誰かから

今日は誰かから恵んでもらったような日だった。

釣りへ。釣りと言っても、奥多摩川の本流を区切った大きな釣り堀のようなところへ。早起きして芦ノ湖に行くほどはがんばらず、昼前に奥多摩へ。がんばらない釣りも悪くない。川沿いの遊歩道を歩くとバッタがきちきちと鳴いて先導してくれ、空にはもうアキアカネが飛んでいる。
今日のヒットルアーはスピナー。水の中を引いてくると金属の羽根がくるくる回るやつだ。長野の梓川でもいい思いをした。どうしてこれで魚が釣れるのかは釣りの七不思議のひとつ、と僕は思う。ちょっと暑かったけれど、思ったよりニジマスが上がったし、そのスピナーの倍くらいの大きさしかないウグイも釣れた。もちろんすぐ逃がしてあげた。

20140902_140212

帰りの電車では、短い時間底が抜けたように眠った。作家の開高健さんが釣りに夢中になった気持ちがわかるような気がした。あちらはアラスカやアマゾン、こちらは多摩川、あちらはキングサーモン、こちらは小さなニジマス(ウグイ)という違いはある。しかし今、その違いはちっとも本質的な問題ではない。
時々釣りに出かけよう。

2014年5月 6日 (火)

大幅値上げ

今日はチェロを弾かない日。
仙川で散髪してから海へ、のつもりだった。もちろん鞄にはカメラが入っていたのだけれど、小雨混じりのうす寒さに気持ちがくじけ、頭がさっぱりしてから新宿の大きな本屋へ。何の制約もなしに書棚から書棚へとさまよう時間は至福だった。

カメラマガジン5月号の表紙は田中長徳さんの写真。伝説のレンズ、ホロゴンとフィルムの組み合わせで撮られたポルトガルは、僕の知っている長徳さんの写真の中で一番好きかもしれない。
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=18763
その写真の少し後には、デヴィット・シーモア撮影のオードリー・ヘップバーン(1956年)が載っている。何も言いようのない素晴らしさだ。

3月から最新のデジタル一眼レフを使ってみて、予想通りの便利さと高性能だった。抜群の高感度とフィルム交換不要の良さは、舞台写真はもちろん、例えばきっと水中写真には圧倒的だろうと思う。でもやっぱりフィルムがいい、と思った。理屈ではなく、好きなものは好きだから仕方ない。

20130426t2korakuen2

その気持ちが高まったところで、コダック製品大幅値上げのニュースを聞いた。
http://www.nationalphoto.co.jp/1F/kodak_news_06.htm
・・・・・。トライX(定番の白黒フィルム)が1本千円近くに。僕が写真を始めた頃の3倍の値段だ。フィルムで写真を撮ることは希少で高価なものになるということか。ちゃぶ台をひっくり返したくなった。

2014年4月15日 (火)

いいことづくめ

昨日写真展を二つ見た。一つは最新のデジタルカメラで、もう一つはフィルムの時代に撮られたもの。撮影機材の進歩はものすごく、以前では考えられなかったような高感度や高解像度、速いオートフォーカスが可能になっている。でも僕に魅力的に見えるのは昔の写真のことが多い。

先月末からこの日記に写真を多く載せているのは、久々に物欲が爆発して新しいデジタルの一眼レフを買ったため。見やすいファインダーときびきびした動作、安定したホワイトバランス、3200くらいならまったく問題のない素晴らしい高感度、・・・。でもだんだん満たされない何かがあらわになってくるから不思議だ。気持ちが写る、というその緊張感だろうか。フィルムの残量を気にすることも交換も不要、空港でのX線検査を気にすることもなく。いいことづくめなのだけれど。

006

2013年12月15日 (日)

限られた力を有効に

ブレーキの交換を終え、僕の素晴らしい乗り物、自転車が戻ってきた。
ブレーキ・キャリパーとワイヤーを替えてもらったら、驚くほどスムースで、しかもかっちりとした効き具合になった。シマノ(自転車部品メーカー)ばんざい!と言いたくなる。もっとグレードが上の部品にすると、雲上の乗り心地になるのだろうか。

003

小さな部品の一つ一つまで、自転車は美しいと思う。シンプルだし、きっと限られた力を有効に使う工夫がされているからだ。はるかに複雑だけれど、飛行機も美しいと思う。
ところで、僕にとって最も素晴らしい楽器はチェロ、もちろん。

Mike5

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー